肌美和公式オンラインショップ

馬油と馬プラセンタ化粧品の専門店

こんばんは。 ゲストさん

NEWくまモンの新商品登場

くまモンのフェイスマスクとくまモンラベルの馬油洗顔石けんつめつめボトルが新発売。
詳細はこちら

こんばんは。 ゲストさん

よくあるご質問

Q1. なぜ、馬油は肌に良いの?

ヒトの皮脂と馬油の脂肪酸構成がよく似ているからです。

皮脂の大部分を占める脂肪酸は、飽和脂肪酸(動物油に多/粘り気)と不飽和脂肪酸(植物油に多/さらさら)からできています。これらの脂肪酸の割合が、ヒトの皮脂と馬油はとても近いのです。 ”肌に良い”とされる脂肪酸も過剰に塗布すれば、肌荒れを招く恐れがあります。
肌の作りはとても良くできているので、肌の環境を壊さず、邪魔をしないことが美肌の秘訣。もともとお肌の上にある成分で保湿すれば、肌の環境を壊さずにスキンケアできます。
皮脂はお肌の水分保持・バリア機能という大切な役割を持っています。しかし、生活習慣や季節、加齢と共に皮脂の分泌量が低下し、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。 馬油はヒトの皮脂に最も近い天然油脂なので、肌に違和感なく浸透(角質層)し水分を抱え込み、また、肌表面の皮脂膜を補うことで、表皮の常在菌のバランスも維持でき、健康な肌環境を保ってくれるのです。

Q2. こうねオイルって何?

美容成分が豊富なたてがみ部分の油脂です。

畜産用馬1頭の体重は約1トンですが、真っ白な刺し身でも有名なたてがみ部分の油脂は、2〜30 kgほどしか取れない上、食用にもなりますのでとても希少です。 このこうねオイルは、レチノール(ビタミンA)などの天然美容成分を豊富に含んでおり、お肌に栄養を与えながら保湿もしてくれます。

Q3. 朝使用しても油焼けしない?

お出かけ前に使用されても問題ありません。

お肌にうすく伸ばしてから、5〜10分程度で馴染みますので、油焼けの心配はございません。 ただ、日焼け止めの効果はありませんので、お化粧やUVクリームなどで紫外線対策を施してからお出かけください。

Q4. 水と一緒に使うのはなぜ?

『 保湿 』 するためです。

お肌の潤いを保ち、紫外線などの有害物質から守るバリア機能も果たしている角質層は、主に角質細胞と細胞間脂質でできています。 この細胞間脂質は、角質細胞の隙間を埋めるセメントのような役割をしており、水-脂質-水-脂質-水・・・と規則正しく交互にサンドイッチのような層を成しています。(ラメラ構造)
そうして、お肌から蒸発する水分を閉じ込め、潤いを保っている(=保湿)のです。お風呂上がりやお化粧水後の水分をたっぷり含んだお肌は、ふわふわでしっとり。 その水分を逃がさないよう、脂質(馬油)でフタをすることで、お肌の構造と同じ自然な『 保湿 』ができます。

Q5. ベタつきが気になります!

1回の量は、お顔全体で…クリーム→お米1粒、オイル→1滴

角質層の厚さは約0.02 mmでラップくらい。この薄い層が美肌の要なのですが、つける量が多すぎると、肌は受け取りきれずに表面に残ってしまいます。 水気のあるお肌にごく少量を薄くなじませることがポイントです。
逆に物足りない場合は、化粧水-馬油―化粧水―馬油・・・とラメラ構造と同じサンドイッチ重ね付けをお試しください。 1回の使用量(お肌が受け取れる量)には個人差がございますので、肌の状態や使用感を試しながら、適量を見つけていかれるのがおすすめです。

Q6. 種類がたくさんあって、どれが良いのかわかリません。

お客様のお肌に最適な品と使用方法をご案内します!!

お肌は十人十色です。お肌の状況に合わせてお選びいただけるよう、肌美和のマーユには、さまざまな種類があります。季節によって使う品を変えられたり、使用量や用途もお客様によってさまざま。
お肌の悩みをお伺いし、”最適”を見つけるお手伝いをいたします。お気軽にお問い合わせください。

Q7. 使用期限・保管方法は?

化粧品に関する法律に則り、未開封で3年間は品質が安定するように作っております。開封後は半年を目安にご使用ください。

その際、高温多湿・直射日光を避け、冷暗所での保管をお願いいたします。馬油クリームは、夏場は冷蔵庫の野菜室での保管をおすすめします。 天然由来の成分で作っておりますので、夏はやわらかくなったり、冬は固くなったりしますが、品質には問題ございません。

Q1. なぜ、プラセンタは肌に良いの?

生命を育むように、美肌を育んでくれるからです。

プラセンタとは『胎盤』のこと。赤ちゃんの成長に伴うほんのわずかな誤差も生じさせないよう、精密にコントロールを行う、まさに『生命の源』です。
赤ちゃん誕生とともに、胎盤は役目を終えて体外へと排出されます。しかしこの時点でも、豊富な栄養と各種有効成分を多く含んでおり、自然界の動物たちは出産後に胎盤を食べて栄養補給し、体力を回復させています。
この胎盤に残されたアミノ酸・ビタミン類・ミネラル類などの豊富な栄養成分は、美容以外のさまざまな分野でも幅広く活用されており、そのエキスは生命を育む力を利用した、エイジング美容液の最高峰なのです。

Q2. ウマプラセンタとブタプラセンタの違いとは?

保有するアミノ酸量と希少性です。

ウマプラセンタには、ブタプラセンタよりもはるかに多くのアミノ酸が含まれています。しかし、市販されているプラセンタ化粧品の95%以上がブタプラセンタを使用していると言われているのは、 ウマプラセンタがとても希少で手に入りにくいからです。

ウマ ブタ
妊娠周期 約330日 約144日
1年の出産回数 1回 2〜3回
1度の出産頭数 1頭 10数匹
ウマの妊娠期間はヒトとほぼ同じ上、ブタと畜産数を比較すればその希少性は明らかです。また、肌美和は国産ウマプラセンタのみ使用していますので、さらに数が限られます。 しかし、単頭出産のため損傷が少なく、安全で高品質、栄養成分も豊富なエキスが抽出できます。

Q3. アミノ酸が肌に良い理由は?

天然うるおい成分の主成分がアミノ酸だからです。

アミノ酸はもともと人間の身体を作っているコラーゲンやエスラチンといった、タンパク質の主成分です。つまり、細胞を作る原料。人体(成人)の約60%が水分で、約20%がタンパク質なので、”私たちはタンパク質でできている”と言われるのもうなずけます。 お肌のうるおいを保つのは、馬油の<Q4>で挙げた、水分を逃がさない細胞間脂質のラメラ構造と、水分を抱え込むNMF(天然保湿因子)です。このNMFの半分以上はアミノ酸でできています。

Q4. 美容液(エッセンス)にとろみはないのですか?

余計なものを入れていない、ウマプラセンタ原液だからです。

美容液といえば、とろ〜っとした使用感を想像されるかたが多いですね。肌美和のプラセンタエキスは少量の安定剤(栄養豊富でデリケートな成分なので必須です)以外、他の成分は何も配合しておりません。 ほぼ100%原液なので、さらりとした使用感で肌によく馴染みます。

Q5. 使用期限・保管方法は?

馬油化粧品と同様に、高温多湿・直射日光を避け、冷暗所で保管の上、未開封で3年、開封後は半年を目安にご使用ください。

ただし、美容液(エッセンス)に関しては、開封後2ヶ月を目安にお使いください。
* 商品添付の開封日記入シールをご利用ください。